So-net無料ブログ作成

アガサ・クリスティー「そして誰もいなくなった」 [読書]

さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食 卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発してゆく声が響いてきた。そして童謡のとおりに、一人また一人と…ミステリの女王の最高傑作。

先日読了した綾辻行人さんの「十角館の殺人 」は本作へのオマージュになっているという。というわけで手に取った本書であるが、さすがの名作であった。結末についてもしっかりと驚きがある。

さて本作はミステリ用語としては「クローズド・サークル」というジャンルに分類されるという。 曰く、何らかの事情で外界との往来が断たれた状況、あるいはそうした状況下でおこる事件を扱った作品のことである。同じジャンルだと「ナイルに死す」も未読なのでこれも攻めておきたいところ。これもアガサ・クリスティーなのか・・・

実はクリスティーはあまりにメジャーなので避けていた作家である(いわゆる赤川次郎みたいなイメージで)。しかし、やはりミステリの大家だけはあった。というわけで食わず嫌いを直して、いろいろと読んでみたい(ワルオ)。

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。