So-net無料ブログ作成
検索選択

筒井康隆「家族八景」 [読書]

年初に読んだ雑誌BRUTUSの「読書計画2008」でチェックしていた、筒井康隆さんの作品をやっと読了。
人が勧めている本だけに、当然ながら面白い小説であった。
幸か不幸か生まれながらのテレパシーをもって、目の前の人の心をすべて読みとってしまう可愛いお手伝いさんの七瀬 ――彼女は転々として移り住む八軒の住人の心にふと忍び寄ってマイホームの虚偽を抉り出す。人間心理の深層に容赦なく光を当て、平凡な日常生活を営む小市民の猥雑な心の裏面を、コミカルな筆致で、ペーソスにまで昇華させた、恐ろしくも哀しい本である。
テレパシー、などと言うと大変に使い古された道具でもあるのだが、本書ではこの道具を使った表現が実験的であり、楽しい。
当然の事ながら、人が言っていることと、思っていることは違うのであるが、その差を突いた物語を8編収録しているのである。
というわけで、ナカナカに趣き深い読書であった(ワルオ)。

ちなみに本書には続編「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」があるらしいのだが、Amazonの書評を見るかぎり、本作には評価が劣るようだ。というわけで、これは読書予定から削除することにする。

家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

やっほう

こんばんわ、はじめましてやっほうです。
pipoさんのブログからジャンプしてきました~
家族八景は学生の頃に読んだんですが(実は読書大好き)おもしろくて「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」も読みました~!
当時20年以上も前の作品なのに今読んでも全く違和感がないのがさすがだなぁと思ったのを覚えてます。
またこっちにも遊びに来ますね~
by やっほう (2008-04-10 00:09) 

ワルオ

やっほうさん、こちらへもようこそ。コメントありがとうございます。
夫も喜んでおります。
こんなアイコンですが、コメントはpipoです。
私はまだ未読なのですが、おもしろそうですね。読んでみなくちゃ。
やっほうさん、何かおすすめがありましたら、ぜひ教えてくださいね!

by ワルオ (2008-04-10 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。